暗号資産イーサ、イーサリアム?2つは何がちがう?将来どうなるの?

※本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約6分で読めます。

まめまめ
まめまめ

今更だけど暗号資産イーサとイーサリアムて何がちがうんや?

まめどら
まめどら

暗号資産イーサはイーサリアムブロックチェーンのオリジナル暗号資産なんだよ。

  • 暗号資産イーサとイーサリアムとは何がちがうのかを知りたい
  • イーサリアムブロックチェーンは他のブロックチェーンとのちがいを知っておきたい
  • イーサリアム2.0とは何かを知りたい

暗号資産ビットコイン以外によく聞く暗号資産イーサだけど、イーサリアムと何がちがうのか今更聞くのもちょっとはずかしい

イーサリアムチェーンの名前はよく聞くけど、どんな暗号資産なのかを知りたい。

将来的にイーサリアムチェーンは、どのように進化開発されていくかを知っておきたいですよね。

この記事でわかること

暗号資産イーサ(イーサリアムブロックチェーン)は、どんな暗号資産なのかを知ることができます。

暗号資産イーサは、ブロックチェーンではじめてスマートコントラクトを実装したイーサリアムチェーンのオリジナル暗号資産です。

暗号資産イーサとイーサリアムブロックチェーンの関係

イーサリアムブロックチェーンは、ヴィタリック・ブテリン氏によって考案されたブロックチェーン。

イーサリアムブロックチェーンのオリジナル暗号資産として暗号資産イーサは利用され、スマートコントラクトによる相手との価値のやりとりの対価をして使用されます。

スマートコンタクトとはなにか

スマートコントラクトは、特定の条件が満たされると自動的に行うことができるプログラムを言います。

スマートコントラクトはよく、自動販売機にたとえられます。

自動販売機にお金をいれることで欲しい品物が手に入ります。つまり、「お金を入れると欲しい品物が自動的に出てくる」というあらかじめ決められたルールによって実行されます。

スマートコントラクトも自動販売機と同じ様にあらかじめに決めれたルールによって実行するようにプログラムが組まれています。

スマートコンタクトを利用することで、デジタルの契約書等のさまざまな用途に利用することができます。

まめまめ
まめまめ

スマートコントラクトは、かんたんにいうと自動販売機と同じシステムなんやね〜

暗号資産イーサとスマートコントラクトの関係

イーサリアムチェーンの暗号資産イーサとスマートコントラクトの関係についてみていきましょう。

イーサリアムブロックチェーンはスマートコントラクトをブロックチェーン上に組み込むことができるはじめてブロックチェーンです。

スマートコントラクトはイーサリアムチェーン上で行われる契約やルールのプログラム。

暗号資産イーサはイーサリアムチェーン上でのスマートコントラクトの使用料等の支払いに利用されます。

スマートコントラクトをイーサリアムブロックチェーンで利用した場合に、オリジナル暗号資産イーサを手数量として支払う必要があります。

イーサリアムチェーンを運営していく上で、スマートコントラクトの利用と暗号資産イーサは深い関係になっています。

イーサリアムブロックチェーンの将来

イーサリアムブロックチェーンは暗号資産発行をかんたんにする教科書、ERC-20規格がつくられたので、たくさん暗号資産が作成されました。

ERC-20規格の暗号資産がたくさん作成されたのでイーサリアムブロックチェーンに予想以上に負荷がかかり、送受信にかかる手数料が高く、取引速度が遅くなってしまう問題が常に発生してしまいました。

イーサリアム2.0とは

今までのイーサリアムチェーンの問題を解決するために、イーサリアムブロックチェーンをアップグレードしてイーサリアム2.0を計画進行中。

イーサリアムチェーンでは段階的にアップデートを行うことで最終的にイーサリアム2.0に移行していきます。

まめまめ
まめまめ

いきなりのすべてが変わると混乱するから、段階的に移行するのはいいよね〜

PoWからPoSに変更とは

イーサリアムブロックチェーンはビットコインと同じ様に分散型のブロックチェーン。

イーサリアムチェーン上での取引を手伝うことで、新しく発行された暗号資産イーサを報酬としてもらうことができます。ビットコインは最大発行枚数がきまってきますが、暗号資産イーサには最大発行枚数の上限はありません。

2022年9月にイーサリアム2.0に向けて大規模なアップデート、The Merge(マージ)が行われました。

マージではイーサリアムブロックチェーン上で行われる取引のお手伝いに参加することができる条件が大きく変更になりました。

アップデートのマージ以前のイーサリアムでは、PoW(Proof of Work)といって取引のお手伝い早く正確に行うを競争して勝ち抜く必要がありました。

しかし、アップデートのマージ以降は競争ではなく暗号資産イーサを保有している方が取引のお手伝いに参加する権利をもらうことができるPoS(Proof of Steke)に変更になりました。

まめまめ
まめまめ

早いもの勝ちからイーサをたくさん持ってる人に手伝う権利が変わるってスゴい変化やな〜

スマートコインコントラクトの互換性

既存のスマートコントラクトも今までの様に利用することができ、また新しいスマートコントラクトも開発できるように設計されています。イーサリアム2.0では今まで以上に新しい機能を利用できるようになります。

安全性と環境エネルギー効率について

暗号資産を運営するにあたって、ブロックチェーンの運用コストを低減することが重要。

保有していること権利をもらうことができるPoSは、競争となるPoWよりエネルギー効率高く省エネになります。

また、PoSでは暗号資産イーサをたくさん保有している方がネットワーク運用に参加しているため、ハッキング等の攻撃に対する抵抗力を持つことができます。

暗号資産イーサ、イーサリアム?それの2つは何がちがう?将来どうなるの?のまとめ

暗号資産イーサ(イーサリアムブロックチェーン)について紹介しました。

知っておきたいこと
  • イーサリアムブロックチェーンは、スマートコントラクトを実装した初めてのブロックチェーン
  • 暗号資産イーサは、イーサリアムブロックチェーンのオリジナル暗号資産
  • 2022年9月にイーサリアム2.0に向けて大規模アップデートがおこなわれ、PoWからPoSに変更
  • イーサリアムチェーンは、今までの問題を解決するためにイーサリアム2.0を開発進行中

イーサリアムチェーンはたくさんの暗号資産の送受信手数料が高くなり、送金速度が遅くなる等の問題が発生していましたが、イーサリアム2.0になることで安いて送受信手数料で早く送金できるようになります。

イーサリアム2.0に完全移行され、今より安い送受信手数料ではやく送金できる日が楽しみですね。

ではでは

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はこのへんで

ごきげんよ〜

追伸:イーサリアムブロックチェーンの暗号資産イーサではありませんが、ステラルーメンブロックチェーンに暗号資産イーサと連動して価格変動する暗号資産のyETHといトークンがあります。

詳細は下記に記事を参考にしてみてください。

こんにちは「まめどら」ともうします。
判断しない、行動しない、企業体質に絶望感を持ち続けて、勤務すること20年。ロブスターウォレットと暗号資産ステラルーメンが大好きな会社員です。
現状維持ではダメだと月5万円の副収入をめざして3年前からブログで情報発信開始。
資産に、はたらいてもらって人生がたのしくなるようないろんな情報を集めて記事にしています。
たのしく自分の資産を作るために働くチョイ悪オヤジ、美魔女の同志が少しでも増えてくれたらいいな思って発信しています。 

まめどらのフォローもお願いします
暗号資産(仮想通貨)
まめどらのよろず日誌

コメント