メタマスクorトラストウォレット、どっちの暗号資産ウォレットが使いやすいか知ってますか?

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約6分で読めます。
記事内にPRが含まれる場合があります。

  • はじめての個人ウォレットはメタマスク?それともトラストウォレットどちらがいいのか知りたい。
  • メタマスク、トラストウォレットとは何がちがうのかを知りたい。
  • 個人ウォレットで注意することが知りたい。

まめまめ
まめまめ

取引所内ウォレットから個人ウォレットを作ってみようと思うだけど〜かんたんに使うことができるウォレットが知りたいんだけどな〜

まめどら
まめどら

はじめはメタマスク使ってたけど暗号資産追加がめんどくさいので、トラストウォレットで解消できたんだよ。

メタマスク?暗号資産をウォレットに追加するのにブロックチェーン、シンボルマーク他色んな情報を入力するのめんどくさいんですけど・・・

取引所内ウォレットしか持っていなかったけど、個人ウォレットをはじめて作ろうと思うけどかんたんに扱うことができる個人ウォレットが知りたいですよね。

この記事でわかること

はじめての個人ウォレットにはトラストウォレットが、使いやすいことを知ることができます。

なぜ、はじめての個人ウォレットにトラストウォレットがいいのか?

トラストウォレットは、保管できるブロックチェーンちがいの暗号資産をワンタップで追加できます。

まめまめ
まめまめ

検索、ワンタップで暗号資産が登録完了なんて神機能だな。これは!

まめどら
まめどら

この機能があるので私も、メタマスクからトラストウォレットに変更したんだよ〜

メタマスクで新しい暗号資産を追加する場合は登録されているものはワンタップで登録できるのですが、登録されていない場合は、ブロックチェーン、シンボルマーク他をすべて調べ手入力。

利用するときには、ブロックチェーンを手動で変更する等の初めて個人ウォレットを持つ方にはすること山盛りです。

しかも、一つでもまちがうと送金した暗号資産が消失してしまう。

一部のメタマスクを使い慣れた方、は自分で小規模で新しいイーサリアムベースの暗号資産のネットワークを追加することが可能(カスタムチェーンの追加)で便利な個人ウォレット。

まめまめ
まめまめ

オレは、そもそも有名な暗号資産以外は持たないからメタマスクの機能は必要のないかな〜

個人ウォレットの3つの重要事項

  • 個人ウォレットから暗号資産を出金するには送金手数料が必ずかかる。
  • 同じ銘柄の暗号資産もブロックチェーンがちがうとちがう暗号資産として保管される
  • セキュリティは自分で行う必要がある。

個人ウォレットから暗号資産を出金するには手数料がかかる

まめまめ
まめまめ

暗号資産を送金する時になんで全くちがう暗号資産が必要なんや!意味わからんわ!!

出金手数料はブロックチェーンのオリジナル通貨で支払う必要があります。

たとえば、USDC(TRC-20 )をウォレットから出金するときには暗号資産USDCで送金手数料をしはらうのではなくトロンブロックチェーンのオリジナル通貨のトロンで支払う必要があります。

まめまめ
まめまめ

そういうことなんか〜なんでちがう暗号資産がいるんや!って謎やったんや〜

まめどら
まめどら

勘違いするよね〜Cakeを送金するときもCakeじゃなくて、暗号資産BNBを使うからね〜

同じ銘柄の暗号資産もブロックチェーンちがうと別の暗号資産として保管される

同じ銘柄の暗号資産でブロックチェーンちがいで一番わかりやすい暗号資産がUSDC。

取引所内ウォレットではUSDCの表示だけでブロックチェーンは送受信時のみに必要。

しかしながら、個人ウォレットでは、USDCを検索するとブロックチェーンちがいの暗号資産が表示されます。ブロックチェーンごとにちがう暗号資産として保管されます。

下記はトラストウォレットの画面。暗号通貨USDC(Ethereum)と暗号資産USDC(Tron)が別々の暗号資産をして表示されています。

ブロックチェーンがちがうだけで別の暗号資産とされてしまう個人ウォレットですが、送受信時ブロックチェーンまちがいによる資産消失を防ぐことができます。

送受信時は必ず同じブロックチェーンのアドレスに送受信しないと暗号資産は消失するので注意が必要

セキュリティは自分で行う必要がある

個人ウォレットは自分で暗号資産を守る知識が必要。シードフレーズと呼ばれる12個で構成される暗号鍵はとても大切です。キャッシュカードで言う暗証番号です。

メタマスクとは

メタマスクは、ビットコインを保管することができません。

メタマスクはイーサリアムの基本ルールでつくられた暗号資産(ERC‐20規格)は保管することが可能。

イーサリアムベースの暗号資産の他にBinance Smart Chain、Polygon、および Avalancheで作成された暗号資産も保管することが可能となりました。

イーサリアムブロックチェーンのNFTも保管することが可能

トラストウォレットとは

トラストウォレットは、ビットコインを保管することができる。

トラストウォレットは海外取引所Binance公式の個人ウォレット。

メタマスクで保管できる暗号資産の他にビットコインも保管することできるマルチウォレットです。

トラストウォレットで保管することができる暗号資産はされているのでかんたん暗号資産をウォレットに追加することができます。

また、トラストウォレット内で特定の暗号資産を運用することも可能です。

イーサリアムブロックチェーンのNFTも保管することが可能

トラストウォレットの作成方法を詳しく知りたい方には下の記事を参考にしてみてください。

便利でマルチなTrustWalletを作ってみよう!

メタマスクorトラストウォレット、どっちの暗号資産ウォレットが使いやすいか知ってますか?のまとめ

初めての個人ウォレットはトラストウォレットが使いやすいことを紹介しました。

トラストウォレットは新しい暗号資産を追加する時にワンタップ追加が完了。メタマスクはブロックチェーン種類他をすべて自分で入力する必要があります。

メタマスクは、面倒くさい様に感じますが、自分で入力することができるので、イーサリアムベースで新しく作られた未登録の暗号資産等にも対応することができるます。

個人ウォレットで保管している暗号資産を送金するには保管しているブロックチェーンのオリジナル通貨がないと送金手数料が支払うことができずに送金することができません。

トラストウォレットでは、ウォレット内で特定の暗号資産を運用することが可能

メタマスクも運用は可能ですが、外部運用サイトにメタマスクを接続しての利用のため、トラストウォレットよりもウォレット接続等の手間が発生します。

ではでは

今回はこのへんで

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ごきげんよ〜

こんにちは「まめどら」ともうします。
会社に頼るだけではなく、自分でかせぐを目標に3年前からブログで情報発信中。
ロブスターウォレットと暗号資産ステラルーメンに夢をいだいています。
一度しかない人生が、たのしくなるようないろんな情報を集めて記事にしています。
自分の資産を作るために楽しくかせげる同志が、少しでも増えてくれたらいいな思って発信しています。 
一緒に新しい金融の未来を探求していきましょう!

まめどらをフォローする
暗号資産(仮想通貨)
まめどらをフォローする

コメント