ビットコイン半減期が2024年5月にあるみたいだけどそれって何?

※本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。

暗号資産(仮想通貨)
この記事は約6分で読めます。
まめまめ
まめまめ

2024年の5月位にビットコイン半減期があるみたいやけど何がおこるんや?

まめどら
まめどら

ビットコインの半減期はとっても大事なことなんだよ。かんたんに紹介していくね!

  • ビットコインの半減期とは何を知りたい
  • なぜ半減期があるのか知りたい
  • 半減期に何がおこるのかを知りたい

2025年にビットコイン半減期がくるみたいだけど、損をしない様にするにはどうすべきかのかよくわからない。

まず、半減期とはどのようなものかを知ってから行動したい。

この記事でわかること

ビットコインの半減期とは何かを知ることができます。

ビットコイン半減期とはなに

  • ビットコインの半減期は、ビットコインの価値が減る時期ではありません。
  • およそ4年に1度、ブロックチェーンに記帳する作業(マイニング)報酬が50%減少することをさします。

ビットコイン半減期は一時的に半減するわけではなく、半減期以前より作業報酬が50%も少なくなってしまいます。

ビットコイン記帳作業をしている人からすると報酬が減るので歓迎すべきことではありません。

まめまめ
まめまめ

報酬が半分になるってマジつらいわな。。

なぜ半減期が必要なの?

市場にビットコインの供給を減らすことで希少性が高まり価格価値を保つことにもなります。

マイニングをすることによって新しいビットコインを市場に増やすことになります。

マイニング報酬を減らす、つまり。市場供給することを減らすこと。

ビットコイン半減期は非常に重要な意味をもちます。

まめどら
まめどら

ビットコインの価格維持にはとても大切ことなんだよね

半減期には何が起こるの?

過去の半減期の前に価格上昇がみられました。また、半減期後に一度価格が下落してから価格回復。

しかし、これはあくまでも市場動向。

ビットコイン半減期だから価格が必ず上昇するとは限りません。

市場動向次第で今回半減期にどの様にビットコイン市場が動くか予測の域にはいります。

さて、あなたはどう考えますか?

ビットコインのマイニングとは

マイニング(掘削)とはビットコイン取引時に台帳記帳のお手伝いをすることいいます。

まめどら
まめどら

マイニングは誰でも参加はできるけど、スーパーコンピューターを使って専門にやってる掘削者(マイナー)には勝てないよね〜

ビットコインの取引は、ビットコインの台帳(ブロックチェーン)に記入することが決められています。

記入するルールにしたがってビットコインの台帳(ブロックチェーン)に記入するお手伝いをすることで新しく発行されたビットコイン6.25BTCを報酬としてもらうことができます。(2023年10月現在) 

ビットコインはデジタルゴールドといわれています。新しく発行されたビットコインもらう、掘り出すことから掘削(マイニング)といいます。

マイニングすることでもらったビットコインが既存のビットコインに追加されていくことで増えていきます。

ビットコインの最大発行枚数は2,100万枚と決まっています。2022年までにすでに1,900万枚が発行済となっています。

最大発行枚数に到達するとビットコインのマイニングは終了します。

推測になりますが、ビットコインは2,100万枚しか発行されないので、希少価値が出ることによって価格上昇するかもわからないですよね。

ちょっとビットコインが気になったあなたに・・・

ココまで読んできたけどやっぱりビットコインといっても暗号資産買うのは怖い。

  • BitWalkでビットコイン歩いて報酬としてもらう方法
  • 暗号資産取引所のキャンペーンを利用してビットコインをもらう方法

ビットコインを買うよりもリスクがないので買うよりもハードルが低いので挑戦してみてはどうでしょうか?

BitWalkのやり方を詳しく知りたいあなたには下記のリンクを参考にしてください。

国内暗号資産取引所で2023年10月現在開催中のキャンペーンでビットコインをもらうことができます。

口座開設は無料でできます。

※いつ終了するかもわからないので今のうちにサクッとビットコインをもらっておきましょう。

コインチェックは、口座開設で1,500円分のビットコインをもらうことができます。

※友達紹介なしで口座開設するとビットコインはもらうことができないのでビットコインもらうたい場合は下記のリンクから開設してくださいね。

コインチェック

ビットコインを保管するときの注意

ビットコインは暗号資産の中では送金手数料が高いのでどこで保管するのかを決めておくことが重要。

少額のビットコインを保管する場合は、取引所の倒産を考える前に個人ウォレットへの送金手数料で元のビットコインが減ってしまいます。

送金手数料無料で送金できる取引所もあります。しかし、個人ウォレット等からの送金には送金手数料が必要です。

取引所内ウォレットで保管、ビットコインの積立等により取引所で保管する方法もあります。

取引所に大量のビットコインを持っておくことは危険。取引所内ウォエレットは口座開設するだけでかんたに作成できますが、取引所の影響を受けます。

最悪の場合、取引所の倒産した場合は、被害を受けるので取引所の影響を受けない個人ウォレットで保管することが大切。

ビットコイン半減期が2024年5月にあるみたいだけどそれって何?のまとめ

ビットコインの半減期について紹介しました。

知っておきたいこと
  • ビットコイン半減期は、半減期前と比較してマイニング報酬が50%になってしまいます。
  • 半減期によってビットコインの発行枚数を調整して価格価値を保ちます。
  • 過去の半減期の実績より、半減期前に価格上昇、半減期で価格が下がり、ゆっくりと価格上昇に向かう傾向があります。(半減期=価格上昇ではない)
  • ビットコインは買うだけでなくもらうことも可能
  • ビットコインを保管する方法明確にする

半減期を理解することで市場動向に左右されることなく、自分の資産を守っていきましょう。

ビットコインを買う前に、無料でもらえるビットコインはもらっておきましょう。

ではでは

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はこの辺で

ごきげんよ〜

こんにちは「まめどら」ともうします。
判断しない、行動しない、企業体質に絶望感を持ち続けて、勤務すること20年。ロブスターウォレットと暗号資産ステラルーメンが大好きな会社員です。
現状維持ではダメだと月5万円の副収入をめざして3年前からブログで情報発信開始。
資産に、はたらいてもらって人生がたのしくなるようないろんな情報を集めて記事にしています。
たのしく自分の資産を作るために働くチョイ悪オヤジ、美魔女の同志が少しでも増えてくれたらいいな思って発信しています。 

まめどらのフォローもお願いします
暗号資産(仮想通貨)
まめどらのよろず日誌

コメント