ステラルーメン?世界統一通貨?ホントのとこ大丈夫なの?

※本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。

ステラルーメン
この記事は約8分で読めます。

ステラルーメン世界統一通貨を目指す? / ホントナノカ? \ 

歩くだけでもらえるステラルーメンってヤバくない? / ダイジョウブナノ? \

リップルとステラルーメン?何が違う暗号資産なの?

まめまめ
まめまめ

とりあえずは暗号資産ステラルーメンを歩いてもらったけど、これ大丈夫なの?

まめどら
まめどら

調べると調べるほどに、すごい暗号資産だよ

まめまめ
まめまめ

なにがすごいのかを教えてくれよ。

無料しかも歩くだけで暗号資産ステラルーメンがもらえるアプリ、ステラウォークがあるみたいだけどホントにまともな暗号資産なのか?怪しくない?価値のない暗号資産じゃないの?と思いますよね。

この記事でわかること
  • ステラルーメンとは、どのような暗号資産(仮想通貨)なのか?
  • どのような世界をめざして作られた暗号資産(仮想通貨)なのかを知ることができます。

ステラウォークでもらえる暗号資産ステラルーメンについて、知っておきましょう。

ステラルーメンはどんな暗号資産(仮想通貨)?

Unsplashbruce marsが撮影した写真

ステラルーメンは、世界統一通貨をめざして、リップルを開発したうちの一人の「ジェド・マケーレブ」さんがつくりました。

ステラルーメンとは、正確にいうと、ブロックチェーン「ステラ」の基本通貨ルーメンのことをいいます。

まめまめ
まめまめ

いきなり、何わけわからんこと言ってるねん!

まめどら
まめどら

ブロックチェーンのステラはいろんなことに応用されてるよ。一部が暗号資産として使われてるんだよ。

ステラルーメンは、ステラ財団 に管理された暗号資産

ステラルーメン財団とは、利益をもとめない団体(非営利団体)

暗号資産ステラルーメンには特定の管理者(非営利団体ステラ財団)がいる暗号資産です。ビットコインが代表するような、管理者のいない暗号資産ではありません。

管理者がいるということは、管理者の考えによって操作ができてしまうデメリットも持っています。(中央主権型の暗号資産)

かんたんにいうと・・・

会社には、社長【管理人】がいますよね。「会社では社長(管理者)が決めたことが絶対」

ステラルーメンルーメンの管理者、ステラ財団は非営利団体のために利益を求めないので、利益の透明性は保たれています。

ステラルーメンのような管理者がいる仮想通貨のメリットは、決定事項が非常に早く決める事ができます。 \ ツルノヒトコエッテヤツネ!/

ステラルーメンの特徴

暗号資産を送金時に非常に安い送金手数料で、高速に送金することができる。

ステラルーメンの送金速度は非常に高速です。

高速で送金できるのは、ステラ専用の送金を認める規則が決められてるためです。(SCPステラコンセンサスプルトルコ)

送金手数料がとても安いので、個人の少額送金に使いやすい

海外送金時の橋渡しの暗号資産になる

アメリカに送金するのにステラルーメンを利用すると・・

日本円→ステラルーメン→アメリカドル にすることで非常に早く、安く海外送金することが可能です。

時間にして数秒、送金手数料は0.00001XLM (約100万分の1ドル) です。

日本国内取引所からの送金時には、確認が行われる為、数秒では送金はできません。/ トホホナトコロダヨネ \ 

暗号資産リップルとステラルーメンのちがい

リップルは企業向けの暗号資産、ステラルーメンは個人向けの暗号資産

リップルとステラルーメンは「ジェド・マケーレブさん」が開発しました。

リップルは・・・

  • 金融機関間のみが利用することができる送金システムRippleNetを利用することが可能です。
  • 1年間に発行する枚数を毎年減らして、価値を守っています。

ステラルーメンは・・・

  • 個人向けにリップルよりも高速で送金をすることが可能ができるルールをもっています。
  • 1年間に発行する枚数を1%ずつ増やして価値の変動を保つようにしています。

リップル、ステラルーメン共に管理者がいる為に、価値を守るために市場にある資産量を減らしたり増やしたりを、かんたんにすることができるので、ある意味では安定した暗号資産であるともいえます。

下の記事でリップルとステラルーメンのちがいについて、個人が所有するのであればどちらがいいのかを詳しく紹介しています。

将来はステラルーメンはどうなる?

UnsplashAron Visualsが撮影した写真

ステラルーメンは、世界統一通貨をめざして作られた暗号資産です。国を超えての送金にメリットがありますが、世界統一通貨になるまでは・・・あなたはどう思いますか?

ステラルーメンは個人向けの仮想通貨ですが、巨大IT企業の「IBM」と提携して、国際送金のシステムをつくりました。

ヨーロッパでも、国際送金システムつくることに成功。

東南アジアでは、貧困で、銀行口座をつくることができない人が、出かせぎなどで稼いだお金をスマホなどの電子端末で送金することがおおく、ステラルーメンはよく利用されています。

ウクライナ政府が中央銀行通貨(CBDC)としてステラブロックチェーンを採用。

ステラブロックチェーンの高い信頼性の裏付けとして、米ドルの価格に連動して動くUSDCがステラブロックチェーン上に実装されています。

2021年12月にはウクライナ難民の方々にステラ財団とUNCHCR(国連難民高等弁務官事務所)がステラブロックチェーンを使って暗号資産USDCを送金しました。

ステラルーメンのシステムが人々の生活を救うことにもなりました。

「ステラルーメン?世界統一通貨?ホントのとこ大丈夫なの?」のまとめ

暗号資産ステラルーメンについて紹介しました。

ステラルーメンはステラブロックチェーンの基本通貨ルーメンことをいいます。

ステラルーメンとリップルはよく似た仮想通貨ですが、個人向けのステラルーメン、企業向けのリップルと言われています。

ステラルーメンは、個人の国際送金において、送金手数料の安さ、送金速度の速さでとても使いやす暗号資産です。

ビットコインのように管理者がいない暗号資産ではなく、管理者がいる暗号資産のステラルーメンとリップルは、価値を守るために市場に出回る通貨の枚数を調整することができる仮想通貨でもあります。

無料で歩くだけでもらえるアプリ「ステラウォーク」で、あやしげな暗号資産ステラルーメンとおもわれがちですが、有名IT企業の「IBM」と提携していたり、東南アジア等の貧困で銀行口座を持てない人々にも愛されている暗号資産であることを紹介しました。

ステラルーメンは、2024年2月現在は、1ステラルーメン≒17円程度のお手頃な価格で換金できます。

国内暗号資産取引所でもステラルーメンに換金することができます。

無料で暗号資産ステラルーメンを国内取引所GMOコインでは送金が可能。

GMOコインから個人ウォレットのロブスターウォレットに無料送金し、かんたんに運用することも可能です。GMOコインの口座開設は下記のリンクからすることが可能

GMOコイン

ロブスターウォレットについては下の記事で詳しく紹介しています。

安全と、アプリの使いやすさならコインチェックです。

暗号資産をコインチェックに貸し出すこと(レンディング)で運用することできます。

ステラルーメンもコインチェックに貸し出して運用することができます。

コインチェック

PS;無料で暗号資産をもらうことができるアプリを紹介

無料でステラルーメンをもらう方法があります。

iPhoneのようなアップル製のスマホやタブレットとAndroidスマホをつかって「ステラウォーク」というアプリをダウンロードして歩くだけで、ステラルーメンをもらうことができます。

ではでは

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

今回はこのへんで

ごきげんよ〜

こんにちは「まめどら」ともうします。
判断しない、行動しない、企業体質に絶望感を持ち続けて、勤務すること20年。ロブスターウォレットと暗号資産ステラルーメンが大好きな会社員です。
現状維持ではダメだと月5万円の副収入をめざして3年前からブログで情報発信開始。
資産に、はたらいてもらって人生がたのしくなるようないろんな情報を集めて記事にしています。
たのしく自分の資産を作るために働くチョイ悪オヤジ、美魔女の同志が少しでも増えてくれたらいいな思って発信しています。 

まめどらのフォローもお願いします
ステラルーメン
まめどらのよろず日誌

コメント