【かんたん解説】BitWalkでもらえるビットコインは電子マネーと何がちがうの?

※本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。

暗号資産系ポイ活
この記事は約5分で読めます。

  • ビットコインは電子マネーと何がちがうの?
  • ビットコインとはどんなコインなの?
  • 日本円やアメリカドルと暗号資産ビットコインの違いはなに?

Bitwalkアプリでもらえ暗号資産ビットコインと電子マネーのちがいはなんだろう。

暗号資産ビットコインで買い物ができるお店もあるみたいだけど、電子マネーとのちがいがよくわからないですよね。

まめまめ
まめまめ

暗号資産ビットコインと電子マネーは、何が違うんだ?

ビットコインと電子マネーは、何がちがうのかを知ることができます。

ビットコインと電子マネーは、何がちがうの?

  • あ暗号資産(ビットコイン)は、特定の国が発行したものではないので全世界で使うことができる通貨
  • 電子マネーは、国が定めた貨幣(日本円やドル)の価値をつかった電子データをいいます。

 

ビットコインは、全世界共通で価値を持っています。

暗号資産は、特定の国が発行したものではないので全世界で使うことができる通貨。

電子マネーは、サービスを提供する企業によって使うことが範囲があります。

日本で使っている電子マネーは、使うことができる範囲地域が限られています。

海外では使用することが使えない。

【重要】BitWalkからビットコインを出金する方法(3つの知るべきこと)

暗号資産ビットコインと基軸通貨の違い

  • ビットコインは、特定の管理人がいない。
  • 日本円やドル通貨には、特定の管理人がいる。

日本円、アメリカドルは、政府の金融機関によって管理されています。

各国にある金融機関を使わないと送金することはできません。

ビットコインに特定の管理人はいません。ビットコインは、自分の暗号資産ウォレット(財布)から送金可能。

あなたが送金指示を出した瞬間に、ビットコインのルールにしたがってパソコンが、インターネット上で台帳を作成して、送信承認、記録する作業(マイニング)します。

ビットコインは、2009年に「サトシ・ナカモト」という謎の研究者の提案で作成。

目標は、金融機関のような管理人がいない金融サービス。個人と個人間送金を即座にスムーズに行うことができるサービスとしてビットコインは誕生しました。

ビットコインを手入れる3つの方法

  1. Bit Walkのようにビットコインを報酬でもらう(一番かんたん、しかし、思うようにはもらえない。)
  2. ビットコインを暗号資産取引所で買う(資金が必要)
  3. ビットコインの送金等(掘削)の作業を手伝う(まずムリです)

1,ビットコインを手に入れる方法として、Bit Walkアプリなどで歩いた報酬としてもらう方法があります。

しかし、希望するだけの金額量をもらうことがムズかしい。

【まじか?!】BitWalkって1日500歩以上あるくだけでビットコインがもらえるの?

2,ビットコインを暗号資産取引所で買うのが一番かんたんです。

3,ビットコインの送受金(マイニング)作業を手伝って報酬としてビットコインをもらう方法があります。

ビットコインの掘削(マイニング)は誰でも参加はできます。

しかし、ビットコインの採掘(マイニング)作業を行うには膨大な計算を瞬時に行う高速高性能なパソコン大量に必要となります。また、採掘(マイニング)を行う人々は、毎日速さを競争して計算を行うことで、ビットコインの報酬をもらっています。

ビットコインは安全なの?

ビットコインを改ざんするのは、不可能に近い

ビットコインを改ざんするは、全世界でビットコインを採掘している人々を上回る計算能力が必要。

ビットコインを採掘する方がハッキングするより利益が出ることになります。

ビットコインはハッキングに強く、最大発行枚数2,100万枚しか発行されません。

希少性も高く、デジタルゴールドと言われています。

まめまめ
まめまめ

ビットコインすごいな〜だったら全世界共通通貨にしたらイイがな・・

まめどら
まめどら

イイんだけどね・・まだ問題があるんだよね・・

現在のビットコインは、投機目的等にされるために価値が激しく上がり下がりします。

価格変動が大きいということは、朝に1ビットコインでパソコンが買うことができたのに、夕方には1ビットコインでは購入することができないということが起こる可能性があります。

報酬と考えると非常に大きな問題となります。

「【かんたん解説】BitWalkでもらえるビットコインは電子マネーと何がちがうの?」のまとめ

Bit Walkアプリでもらうことができるビットコインついて、紹介しました。

ビットコインは、電子マネーのように企業が提供するサービスではありません。

日本円やアメリカドルのように管理者がいる貨幣ではなく、ビットコインは管理者がいない貨幣であることを紹介しました。

ビットコインを、GETする方法を3つ紹介しました。

ビットコインの安全性、通貨としての将来性について紹介しました。

想像してみてください・・・

BIT Walkアプリでもらったビットコインの価値が今よりも高くなったとしたら・・・

ではでは

今回はこのへんで・・

ごきげんよ〜

PS;無料で国内仮想通貨取引所内ウォレットは、かんたん、無料で作成することができます。

将来的につくっておいて損はしないのでサクッと作っておきましょう。

GMOコイン

こんにちは「まめどら」ともうします。
判断しない、行動しない、企業体質に絶望感を持ち続けて、勤務すること20年。ロブスターウォレットと暗号資産ステラルーメンが大好きな会社員です。
現状維持ではダメだと月5万円の副収入をめざして3年前からブログで情報発信開始。
資産に、はたらいてもらって人生がたのしくなるようないろんな情報を集めて記事にしています。
たのしく自分の資産を作るために働くチョイ悪オヤジ、美魔女の同志が少しでも増えてくれたらいいな思って発信しています。 

まめどらのフォローもお願いします
暗号資産系ポイ活
まめどらのよろず日誌

コメント